ドイツ自動車メーカー5社は、電気自動車向け統合充電システムを初めて共同で公開した。同システムは2012年半ばに実用化される見込みで、その後、市場に導入される。

今回、アウディ、BMW、ダイムラー、ポルシェ、フォルクスワーゲンの5社が、ドイツ・バーデンバーデンで12・13日に開催された第15回「インターナショナルVDIコングレス」と「エレクトロニック・システムズ・フォー・モーター・ビークルズ」展で、「統合充電システム」を初公開、参加メーカー車両への統合充電システム装備例も紹介した。

公開した統合充電システムは、米国の自動車メーカー、フォード、ゼネラルモーターズ(GM)とも協力して開発されたもので、単一の車両側充電ポートにより、既存のすべての充電方式(単相交流充電、急速三相交流充電、家庭用電源による直流充電、公共充電ステーションでの超急速直流充電)に対応する。

従来、交流充電、直流充電ともにインフラ側にさまざまな種類のコネクターがあり、車両側にも複数の充電ポートが必要だったが、今回の車両側ポートの統一によりこれが不要となる。また、統合充電システムは、充電通信機能や電気、安全アーキテクチャーも統合されており、コスト削減が実現できるほか、電気自動車の世界的な普及に役立つとしている。

統合充電システムのコンセプトは2011年1月、GM、フォードの米国自動車メーカー2社との緊密に協力しながら国際標準化機構に提出している。