日産リーフ用アンドロイドアプリケーション

日産自動車は、Android(アンドロイド)を搭載した携帯電話から日産『リーフ』のリモート操作を行うことが可能となるアンドロイド・アプリケーションを開発、10月17日から無料配信を開始した。

リーフは、専用設計した電気自動車専用情報通信システム(EV-IT)を搭載しており、乗車中にナビゲーション画面を通じて様々なドライビングサポート機能を提供するほか、乗車前や降車後にも携帯電話やパソコンなどからオーナー向けウェブサイトにアクセスすることで走行履歴の確認やバッテリーの状態管理、充電やエアコンのリモート操作なども可能とするEVならではの機能がある。

今回開発したアンドロイド・アプリケーションをダウンロードすることで、リーフのユーザーは、アンドロイドOSを搭載する携帯電話でリモート操作できる。

具体的には、リーフのバッテリー残量をグラフで確認したり、その残量に応じてエアコンをオンにした場合とオフにした場合、それぞれの状態での航続可能距離、普通充電(100V、200V)と急速充電を使った場合それぞれの充電完了までの残り時間などを確認したり、リモート操作ができる。

日産リーフ用アンドロイドアプリケーション 日産リーフ用アンドロイドアプリケーション 日産リーフ用アンドロイドアプリケーション 日産リーフ