アストンマーチンのベッツCEO(向かって左)とトヨタの豊田社長

トヨタ自動車の豊田章男社長は15日、独ニュルブルクリンクで開催のVLNニュルブルクリンク耐久選手権シリーズに出場。同レースでは、トヨタとアストンマーチンの意外なコラボレーションが実現した。

そのコラボの内容とは、レクサス『LFA』とアストンマーチン『V12ザガート』の2台を、トヨタの豊田社長と飯田章選手、アストンのベッツCEOとクリス選手が、4人がそれぞれ順番に運転するもの。

豊田社長は自身のブログで、「ベッツさんとは2007年に、ここニュルでGAZOO Racingとアストンマーティンが同じピットになるという縁で出会いました。それ以降も“もっといいクルマづくり”のために自らハンドルを握るもの同士、そして1人のカーガイとして、尊敬する先輩です」とコラボ誕生の経緯を語っている。

レースほうは、レクサス『LFA』がクラス4位、総合順位106位、アストンマーチンは途中トラブルに見舞われたが最後にはレースに復帰し、LFAとともにゴールした。

アストンマーティンとトヨタのGAZOO Racingがコラボレーション、両チームのドライバー4名が、レクサスLFAとアストンマーチンV12ザガートでレースを戦った。 アストンマーティンとトヨタのGAZOO Racingがコラボレーション、両チームのドライバー4名が、レクサスLFAとアストンマーチンV12ザガートでレースを戦った。 アストンマーティンとトヨタのGAZOO Racingがコラボレーション、両チームのドライバー4名が、レクサスLFAとアストンマーチンV12ザガートでレースを戦った。 ハンドルを握るのはモリゾウこと豊田社長 アストンマーティンとトヨタのGAZOO Racingがコラボレーション、両チームのドライバー4名が、レクサスLFAとアストンマーチンV12ザガートでレースを戦った。 トヨタの豊田社長(向かって左)とアストンマーチンのベッツCEO