ジャン・ラニョッティ氏《撮影 内田俊一》

ルノー・ジャポンは15日、富士スピードウェイにおいて、ルノーの名誉広報部長でもあり、元ワークスラリードライバーのジャン・ラニョッティ氏を招いて、ルノー・スポールジャンボリーを開催した。

このイベントは、ルノーのスポーツモデルを富士スピードウェイで走らせて楽しむ一般ユーザー向けのイベントである。

当日の朝は、警報が出るほどの風雨であったが、会場である富士スピードウェイには続々とエントラントや見学に来たルノー車が集合。最終的には200台を超える台数となった。これには同社大極COOも驚いたようで、「こんな天気なのに本当によく来てくださいました」ととても嬉しそうに挨拶をしていた。

この日のアトラクションはまずサーキットタクシーから始まった。これはジャン・ラニョッティ氏や本国のルノー・スポールのワークスドライバー3人が、『メガーヌRS』に希望者を乗せ、サーキットを1周するものである。一般的なサーキットタクシーはそれほどハイスピードでコースを攻め立てることはないが、今回のドライバーたちはサービス精神旺盛で、コース幅ぎりぎりまで使って駆け巡っていた。そのタクシーから降りたった“乗客たち”も一様に嬉しそうであった。

最も盛り上がったのは、ワールドシリーズバイルノー(ルノーが各国のサーキットなどで行っているイベント)の看板アトラクションであるアクロバットショーであろう。今回は前出の4人のドライバーがメガーヌRSとメガーヌトロフィーを駆り、ストレート部分でホイールスピンやバックスピンターン、ムカデ走行などを繰り広げ大いに会場を沸かせた。

こういったアトラクション以外にも、女性や子供たちも楽しめるようにじゃんけん大会なども用意され、スポール系ではないルノーユーザーやその家族も楽しめるように工夫されるなど、これもまた、RENAULT Happy Projectの一環といえそうである。

ルノー・スポールジャンボリー開催《撮影 内田俊一》 ルノー・スポールジャンボリー開催《撮影 内田俊一》 ジャン・ラニョッティ氏とルノー・スポールのワークスドライバーたち《撮影 内田俊一》 アクロバットショー《撮影 内田俊一》 アクロバットショー《撮影 内田俊一》 アクロバットショー《撮影 内田俊一》 アクロバットショー《撮影 内田俊一》 アクロバットショー《撮影 内田俊一》 アクロバットショー。実は微速でクルマは進んでいる。《撮影 内田俊一》 ルノー・スポール・トロフィー予選中のクリオカップ。《撮影 内田俊一》 ルノー・スポール・トロフィー予選中のクリオV6トロフィー。《撮影 内田俊一》 ルノー・スポール・トロフィー。ターボ2とルーテシアRSのバトル。《撮影 内田俊一》 ルノー・スポール・トロフィー。A110も2台参加。《撮影 内田俊一》 初お披露目のメガーヌトロフィー。アジア地域には中国と日本各1台のみという。《撮影 内田俊一》 メガーヌトロフィー《撮影 内田俊一》 メガーヌトロフィー《撮影 内田俊一》 トークショー中のジャン・ラニョッティ氏(中央)《撮影 内田俊一》 ジャン・ラニョッティ氏とワークスドライバーを囲んで一部の参加者と記念撮影。《撮影 内田俊一》