フェラーリ458スパイダー《撮影 池田忍》

フェラーリ・ジャパンから日本発売された『458スパイダー』は『458イタリア』のオープンモデルである。フェラーリS.p.Aプロダクト・マーケティング・マネージャーのミケーレ・コメッリ氏は違いについて、当然のことながらルーフを挙げる。

しかし違いはルーフの生むだけではない。「スパイダーのAピラーは長くかつ、角度を寝かせました。ルーフ形状のデザインには2つの要件があります」という。

「Aピラーのカーブは居住空間のために作られました。ルーフを閉じても頭上高を確保するためです」

また、エアロダイナミクスのためにもこのカーブには意味がある。「気流がルーフを超えてルーフの収納部分あたりで車体に接するようにデザインしました」。ここにはオイルラジエーターと新設したインテークラインがある。気流が、エンジンフードの形状に沿って取り込まれるように、458イタリアとは違うデザインがなされている。

ルーフは開閉方法が注目を集めているが、実は、このように細かい気遣いもされているのだ。

フェラーリ 458スパイダー 日本発表《撮影 内田俊一》 フェラーリ 458スパイダー 日本発表《撮影 内田俊一》 フェラーリ 458スパイダー 日本発表《撮影 内田俊一》 フェラーリ458スパイダー《撮影 池田忍》 フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》 フェラーリ458スパイダー フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》 フェラーリS.p.A プロダクト・マーケティング・マネージャーのミケーレ・コメッリ氏(左)とフェラーリ・ジャパン代表取締役ジェネラル・マネージャーのハーバート・アプルロス氏(右)《撮影 内田俊一》 フェラーリ458イタリア フェラーリ458イタリア