三菱はi-MiEVの電源を用いた「クルマの電気でつくるねぶた祭」を長崎県五島市で開催する

三菱自動車は10月15日、「i-MiEV ねぶた PROJECT」と題して、電気自動車『i-MiEV』と電力供給装置を使った「クルマの電気でつくるねぶた祭」を開催する。舞台となるのは、EVを用いた観光利用促進活動などを展開する、長崎県五島市福江町の本町通り名店街。

i-MiEVを含めEVは、移動の手段としてだけでなく、移動可能な大容量電源としての利用価値に注目が集まり始めている。三菱は今年度中に市販を開始する予定の1500W電源供給装置を用い、様々なイベントを通じてEVの新たな可能性についてアピールを続けている。今回のねぶた祭もその一環だ。

今回のイベントでは、京都造形芸術大学が協力。さらに現代美術作家の椿昇さん主導のもと、五島市の子ども達とともにオリジナルのねぶたを作り上げた。このねぶたにi-MiEVの電力が光を灯す。

イベントは、10月15日18時00分からと、18時45分からの2回開催。また同日13時00分から15時00分の間、五島港公園では、椿さんとともにオリジナルねぶたをつくるワークショップも開催される。

「クルマの電気でつくるねぶた祭」