東芝 車載向け画像認識用LSI「Visconti2」

東芝は13日、車載向け画像認識用LSI『Visconti2』シリーズ、『TMPV7506XBG』『TMPV7504XBG』を製品化し、11月からサンプル出荷を開始、2012年9月から量産を開始すると発表した。

Visconti2 シリーズは、カメラからの入力映像を処理し、自車周辺の車線、車両、歩行者、標識などを認識する車載向けの画像認識用LSI。

TMPV7506XBG は、人物認識に適した画像処理アクセラレータを搭載したことで、従来の夜間歩行者検知に加え、昼間の歩行者検知もリアルタイムに可能となる。また、新たに高解像度カラーカメラに対応するため、検知対象の明暗だけではなく色を識別することができ、信号色や標識の認識も可能となる。

さらに、最大4台のカメラの同時接続が可能。自車画像と4つのカメラ映像が合成でき、上空から見下ろしたような映像を生成する駐車支援アプリケーションに適用できる。

一方、TMPV7504XBG は、最大2台のカラーカメラの接続が可能。車両・白線・標識など複数の対象物を同時に検知する前方監視システムなどに適している。

同社では、今後も画像認識用LSIラインアップを強化し、車載市場に加え産業市場、民生市場でも事業を拡大し、2015年度には Visconti シリーズ全体で年間200万個の販売を目指す。