ゼネラルモータース(GM)は13日、今後数年間わたり、新しい小排気量Ecotecガソリン・エンジン群をグローバル規模で開発すると発表した。新エンジン群の開発により、現在3つのエンジン群を1つに統合し、設計、製造プロセスの合理化を図る。

新開発のエンジン群は、排気量が1〜1.5リットルの3および4気筒エンジンから構成され、複数の地域で設計、製造する。軽量設計のほか、直接噴射、ターボチャージング、代替燃料互換性などの最新技術を特徴とし、高い効率性と必要に応じたパフォーマンスの両方を実現する。

生産は、2015年前後に開始される予定で、フル操業時には年間200万台以上のエンジンを生産。GMグローバル・ビークル・プログラムに導入され、各地域の車両 ・アーキテクチャに採用される予定。