写真左から、フェリペ・マッサ、亀山石巻市長、フェラーリジャパンのハーバート・アプルロス代表取締役、フェルナンド・アロンソ

フェラーリは12日、フェラーリ『458スパイダー』の日本初披露に合わせて、宮城県石巻市の放課後児童クラブ建設のためのチャリティ・オークションを実施し、約800万円を寄付金として集めた。

フェラーリでは今年7月に四輪駆動モデル『FF』の発表と合わせ、在日イタリア大使館との共催でチャリティ・オークション・パーティを開催し、総額5300万円以上の寄付金を集めた。今回の落札金額約800万円とフェラーリ・オーナーズ・クラブのメンバーからの寄付金約1200万円が加わり、総額7000万円以上の寄付金が集まった。

この寄付金は、イタリア・ローマにあるチヴィタヴェッキアの姉妹都市である、宮城県石巻市へ全額送られ、放課後児童クラブの専用教室建設費用に充てられる予定である。

東京の増上寺で開催されたチャリティーオークション フェラーリ、宮城県石巻市に7000万円を寄付