日産の酒井弘正主任研究員と新燃料電池(写真:右側が新燃料電池)

日産自動車は、燃料電池車(FCV)に搭載する燃料電池スタックの性能を高め、これまでリース販売してきたFCVを2015年以降には売り切りのかたちで販売する計画を明らかにした。

FCVをめぐっては、開発で先行してきたトヨタ自動車とホンダが15年から売り切りできる車両を投入する計画を示している。出遅れていた日産だが、性能やコストを大幅に改善した新スタックを開発しており、先行2社への追い上げを図る。

日産は13日、2005年に実用化した『X-TRAIL FCV』に搭載したスタックに比べ、出力密度を2.5倍に高めて大幅にコンパクト化した新スタックを発表した。コストは同様の比較で6分の1になるという。

同社のEVシステム研究所で燃料電池開発を担当する酒井弘正主任研究員は、「新スタックをベースに更に改良を進める」としたうえで、2015年以降には車両の売り切りを目標にしていることを明らかにした。FCVの売り切り販売では各社とも、乗用車だと1000万円を下回るレベルをめどとしている。

日産が開発した次世代燃料電池スタック 日産が開発した次世代燃料電池スタック