9日午後10時30分ごろ、島根県松江市内の農道を走行していた中型バイクが道路左側の路外に逸脱。側溝にタイヤを落とした弾みで転倒する事故が起きた。運転していた26歳の男性は収容先の病院で死亡している。

島根県警・松江署によると、現場は松江市美保関町下宇部尾付近で片側1車線の緩やかなカーブ。バイクは対向車線側へ進入して前走車を追い抜き、自車線へ戻ろうとした際に路外へ逸脱。道路左側にある側溝(幅約30cm、深さ約20cm)にタイヤを落とした。

弾みでバイクは転倒。運転していた隠岐の島町内に在住する26歳の男性は路上へ投げ出された際に胸部を強打。近くの病院へ収容されたがも、まもなく死亡している。

警察ではハンドル操作を誤った可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。