東京メトロとヤフーは、東京メトロ・銀座駅と表参道駅の2駅を対象に、10月27日からスマートフォン向け駅構内地図情報提供サービスを試験的に開始する。

今回のサービス試験では、東京メトロとYahoo!JAPANが設計・試作した銀座駅・表参道駅の2駅の「駅構内マップ」を、「Yahoo!ロコ地図」上で試験的に公開する。

これまで、地下鉄駅などの屋内施設では「位置確認」や「施設情報の提供等」は困難だったが、今回のサービスにより、スマートフォン上で、両駅の構内地図情報を確認することや、現在位置に応じたルート検索を行うことが可能となる。サービスは、首都圏の地下鉄駅としては初めての試みとなる。

両社は地下駅構内から地上まで、分かりやすく、個々の利用者ニーズに合わせたきめ細やかな情報を提供することで、スムーズな移動を支援する。今後、サービスの評価・検証を行い、2駅以外の東京メトロ主要駅で順次サービスを提供していく。

さらに、東京メトロとヤフーは今後、地下鉄駅構内情報に関連する各種サービスの提供など、幅広い分野での協業を検討していく。