【EVEX & CSF 11】1時間で換装…ボルトオンEVキットが登場

神奈川県のオズコーポレーションは、軽自動車をEVにコンバージョンできるボルトオンEVキットを発売した。

キットの内容は、バッテリーを除くパーツ一式というもの。適応車種は軽自動車のスズキ『キャリィ』/『エブリィ』(DA52/62系)のマニュアルミッション車に限定。定格16kWのモーターとEV化に必要な部品をサブフレームに一体化させることで、部品取付の手間を大きく省くことに成功した。

また、ナンバー取得に必要な書類類も用意することで、EVコンバージョン化のハードルを大きく下げている。ボルトオンキットの価格は80万円台だ。

その簡単さを証明するために、EVEX初日に行われたセミナーで、実際にコンバート作業を実施。整備工場で働くプロのメカニックによる作業ではあったが、使う工具は普段から見慣れたものばかり。そして、わずか1時間ほどで作業は完了。会場を埋めた200人の参加者は、メモをとるなど非常に熱心な様子で作業を見つめていた。

【EVEX & CSF 11】1時間で換装…ボルトオンEVキットが登場 【EVEX & CSF 11】1時間で換装…ボルトオンEVキットが登場 【EVEX & CSF 11】1時間で換装…ボルトオンEVキットが登場 【EVEX & CSF 11】1時間で換装…ボルトオンEVキットが登場 【EVEX & CSF 11】1時間で換装…ボルトオンEVキットが登場