上からアイシングループブース(イメージ)、アクティブリアステア協調インテリジェントパーキングアシスト(アイシン精機)、トヨタ純正用品ナビゲーションシステム『NHZA−W61G』(アイシン・エィ・ダブリュ)

アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは、10月16日から10月20日まで、米国フロリダ州オーランドで開催される「第18回ITS世界会議オーランド2011」に共同出展すると発表した。

両社に加え、研究開発法人であるIMRAアメリカとIMRAヨーロッパを加えたアイシングループ4社は、会議で5件の技術論文を発表するほか、最新のITS関連の開発技術をデモンストレーション機や映像で紹介する。

アイシン精機は、運転が苦手なドライバーでも狭いスペースに容易に駐車ができる支援システム「アクティブリアステア協調インテリジェントパーキングアシスト」を出展する。

また、アイシン・エィ・ダブリュは、登録した道を走行する度に過去の走行燃費と比較できる「エコトライアル」機能を搭載した「トヨタ純正用品ナビゲーションシステム『NHZA−W61G』」など、最新のナビゲーションシステムを4機種展示する。