日産セレナ

自動車販売協会連合会は9月の車名別ランキングを発表した。『プリウス』『フィット』『ヴィッツ』は上位3位までをキープ、大きく販売台数を伸ばす中、昨年11月に発売された日産のミニバン『セレナ』が初の1万台越えを記録し、4位にランクインした。

セレナは9月に1万0371台を販売し、発売以来初の1万台越えとなった。2011年内、ミニバン単一モデルで1万台越えを達成したものはない(『プリウスα』はプリウスに含まれる)。

6月に新エンジン「SKYACTIV」を搭載し発売したマツダ『デミオ』は、7542台で6位をキープ。ホンダ『フリード』が6497台で、前月12位から8位に上昇した。一方トヨタ『ラクティス』は5434台と販売台数こそ若干のびたものの、他の勢いに飲まれ前月7位から12位にダウンした。

以下、9月のランキングトップ10。カッコ内は前年同月比。

1位:トヨタ プリウス 3万3197台(121.8%)
2位:ホンダ フィット 2万7980台(191.4%)
3位:トヨタ ヴィッツ 1万0860台(107.6%)
4位:日産 セレナ 1万0371台(146%)
5位:トヨタ カローラ 8835台(80.4%)
6位:マツダ デミオ 7542台(123.6%)
7位:トヨタ パッソ 6853台(102.9%)
8位:ホンダ フリード 6497台(54.4%)
9位:日産 マーチ 6008台(90.6%)
10位:日産 ノート 5875台(88.9%)

トヨタプリウスα ホンダフィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 トヨタ ヴィッツ《撮影 宮崎壮人》