ケーヒンは、タイ各地で洪水による被害が発生している影響で連結子会社であるケーヒンオートパーツ(タイランド)が被害を受けていると発表した。

四輪車と二輪車・汎用向け部品を製造するケーヒンオートパーツ(タイランド)は、工場のあるアユタヤ・ロジャーナ工業団地全体が浸水し、現在工場の操業を一時停止している。

この事態を受けケーヒンは全社BCP(事業継続計画)に沿って納入先への部品供給に対し全力で取組んでいるとしている。

バンコクにあり、アジア地域の統括業務や二輪車・汎用製品を販売するケーヒン・アジア・バンコクと、チェンマイに所在し、二輪車・汎用製品を製造するケーヒン(タイランド)は現在、被害はなく、通常稼動している。