あいおいニッセイ同和損害保険は、自動車保険契約者向けのロードアシスタントサービスが『iPhone』およびAndroid双方のスマートフォンでも利用できるようになったと発表した。

スマートフォン向けサービスを始めたのは、事故や故障の際にGPS機能を利用して正確な位置情報を伝えることができる「GPS-i 位置情報通報システム」と、聴覚に障害がある人が電子メールやWeb機能を使うことで音声によらない手段でもロードアシスタントサービスが要請できる「聴覚障がい者のお客様向けWebロードサービスシステム」。

このうち「聴覚障がい者のお客様向けWebロードサービスシステム」をiPhone、Androidのいずれのスマートフォンに対応できるようにしたのは業界初という。