ミネベアは、タイで発生した広範囲な洪水被害により、タイ国内にある5つの製造拠点に影響が及んでいると発表した。

10月12日正午時点で、ロジャナ工場を除く各工場では、今後の浸水被害を防止するための対策を実施している。現在のところ人的被害は出ていないものの、工場への通勤や住居への浸水などの従業員の生活にも大きな影響が出ており、各工場とも10〜30%の従業員が出勤できない状況にある。

このため、操業停止中の工場の従業員がこれを補う形で極力生産活動を継続している。

今後の操業については状況を見ながら決定するとしている。