フロントに搭載されたセンサーで、ハイウェイ走行時などに2台前を走る車両の車間・相対速度をモニタリング。自車両からは見えない前方の状況の変化を検知し、危険と判断した場合には、表示と音とシートベルトの巻上げによって、ドライバーへ注意を促す。

日産自動車は、最新の安全技術としてミリ波レーダーを活用することで2台前のクルマの減速を検知し、早期に運転者に注意を促す安全技術「プレディクティブフォワードコリジョンワーニング(前方衝突予測警報システム)」を開発した。

プレディクティブフォワードコリジョンワーニングは、ドライバーから見えないクルマの減速が原因となって引き起こされていた玉突き事故を未然に防ぐための技術。

2台前を走る車両の車間・相対速度を、フロントに搭載されたセンサーが検知。自車の減速が必要と判断した場合は、音とアイコン表示とシートの巻き上げによりドライバーに警告する。

これによって前方車両との衝突事故を未然に防止する。