ITS世界会議2011トヨタ

トヨタ自動車は、10月16日から20日まで、米国・フロリダ州オーランドで開催される「第18回ITS世界会議」に出展すると発表した。

ITS世界会議は、欧州/アジア・太平洋/米州の順で毎年開催されているITSに関する最大規模の国際会議で、各国・地域の政府やITS関連団体がセッションや展示会などを通じ、最先端のITSの研究成果や製品を発表、展示するもの。

トヨタは従来からITSに積極的に取り組んでおり、第1回から同会議に参加している。今回の出展では、トヨタグローバルビジョン『笑顔のために。期待を超えて。』をテーマに、安心・安全にクルマで移動できる社会、家とクルマと情報がつながる快適な社会の実現を目指した様々な取り組みを紹介する。

予防安全分野の最新技術としては「衝突回避支援PCS(プリクラッシュセーフティシステム)」「ADB (アダプティブ・ドライビング・ビーム)」など、現在開発中の技術の一端を紹介する。また、道路に設置された機器とクルマが通信することで見えない危険を知らせる「インフラ協調型安全運転支援システム」も紹介する。

車両の安全制御システム「VSC(横滑り防止装置)」や「TRC(トラクションコントロール)」「ABS」を体験できるドライビングシミュレーターも用意する。

家とクルマと情報をつないだ新たなモビリティ社会に向けたスマートグリッドへの取り組みとして「トヨタスマートセンター」や「HEMS(ホームエナジーマネジメントシステム)」を紹介する。

来年市販するプラグインハイブリッド車「プリウス・プラグ・イン・ハイブリッド」の米国仕様車と充電スタンド「G-Station」を展示する。

屋外会場では、同社単独で「衝突回避支援PCS」の体験試乗コースを用意するほか、米国インフラ協調システムのコンソーシアムによる「緊急ブレーキ警報」「車両後側方接近注意喚起」などの体験試乗にもコンソーシアムの一員として参画する。