フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》

フェラーリジャパンは12日、2シーターのオープンカー、フェラーリ『458スパイダー』を日本で初公開した。価格は3060万円。7年間のメンテナンスサービスが付属する。12月より納車を開始するが、既に2011年納車分は完売した。

458スパイダーに採用されたハードトップルーフは片道14秒で開閉する。従来の折りたたみ式ソフトトップとの比較で25kg軽量化され、クローズド状態での静粛性と遮熱性に優れているという。また、オープン時は、200km/hを超える走行時においても、通常の会話ができる静粛性を実現したとしている。

走行性能では、4499ccのV8エンジンを搭載し、デュアルクラッチ・トランスミッションとの組み合わせで、0-100 km/h加速は3.4秒未満、最高速度320km/hを達成する。なお、日本市場ではアイドリングストップなど燃費と排ガス性能を改善する「HELE」システムを標準装備、燃料消費量を11.8リットル/100km(8.47km/リットル)に抑えた。

フェラーリジャパンのハーバート・アプルロス代表取締役は、「2011年分は写真発表から1週間で完売した。2012年においてもトップセラーになるだろう」と販売に自信を示した。

フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》 フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》 フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》 フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》 フェラーリ458スパイダー《撮影 椿山和雄》