新大洲本田設立10周年記念式典

ホンダは、中国の二輪車生産・販売合弁会社である新大洲本田摩托が2001年の設立から10年経ったことを記念して10月10日に式典を開催した。

式典には地元政府のほか、ホンダの伊東孝紳社長、大山龍寛二輪事業本部長、倉石誠司中国本部長などが出席した。

新大洲本田は、2001年9月19日に設立、10年間の累計生産台数は700万台を超えた。中国国内市場向けに加え、設立の翌年の2002年からは輸出も開始した。特に、2002年に生産開始した日本向けのスクーター『トゥデイ』は、高品質で低価格な商品として日本市場で人気となった。

また、2010年6月には輸出専用50ccスクーターの累計生産台数100万台を達成した。現在、輸出先は45か国を超え、ホンダの二輪事業の中で、重要な生産拠点と位置づけられている。

式典で、ホンダの伊東社長は従業員に向けて「新大洲本田を二輪事業のグローバル中核拠点として位置づけ、今後大きく拡大・発展させていきます。皆さん一人ひとりの力を結集し、日々全力で仕事をしていきましょう」と述べた。

新大洲本田の2010年の中国国内での販売実績は約57万台で前年比3%増と伸びた。

新大洲本田設立10周年記念式典 新大洲本田設立10周年記念式典 新大洲本田設立10周年記念式典 新大洲本田(2002年) トゥデイ(2002年)