フォルクスワーゲンのインド・プネー工場で生産を開始したシュコダの新型コンパクトセダン、ラピッド

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは7日、インド・マハラシュトラ州のフォルクスワーゲン・プネー工場において、新型コンパクトセダンの『ラピッド』(RAPID)の生産を開始した。

ラピッドは、インドの顧客のニーズを反映させて開発したコンパクトセダン。まずはインド市場で年内に発売し、その後、中国やロシアなど新興国への投入も計画している。

ボディサイズは、全長4390×全幅1700×全高1470mm。トランク容量は、約500リットル(VDA計測法)を確保した。シュコダのラインナップでは、『ファビア』と『オクタビア』の間を埋めるモデルの位置づけだ。

エンジンは、ガソリンとディーゼル。排気量は1.6リットルで、最大出力はガソリン、ターボディーゼルともに105psを発生する。

シュコダは2018年までに、世界市場で最低でも年間150万台を販売する成長戦略を掲げる。同社のウィンフリード・ヴァーランド会長は、「欧州以外での販売増に、このラピッドが重要な役割を担う」と語っている。