パナソニックが、テスラの高級EVにリチウムイオン電池を供給する(写真:モデルS プロトタイプ)

パナソニックとテスラモーターズは11日、自動車用リチウムイオン電池の供給に関する契約締結を発表した。テスラの高級EVセダン『モデルS』に向け、パナソニックは今後4年間で8万台分以上のリチウムイオン電池を供給する。

パナソニックとテスラの関係は、2009年に両社は最初の供給契約を交わし、2010年にはパナソニックがテスラに対し3000万ドルを出資している。パナソニックが今回供給するリチウムイオン電池は、ニッケル系正極の技術をベースに、パナソニックとテスラは共同で次世代電池を開発し、EVの要求を満たす性能や寿命の最適化に取り組んできたもの。

テスラ側では、2012年に量産体制に入るモデルSの生産に十分な電池供給量を確保するとともに、モデルSの目標とするコストと利益の実現に目処をつけることができたとしている。

テスラの高級EV、モデルSのプロトタイプ