関連倒産発生状況(震災後約7か月時点)

帝国データバンクは、10月10日時点で判明した「東日本大震災関連」の企業倒産を集計した。

東日本大震災による影響を受けて倒産した企業数は、約7か月で373社を数え、阪神大震災後3年間に発生した関連倒産件数394件を10月内にも突破する公算が大きくなってきた。

都道府県別では、東京73件、北海道28件、福島24件、埼玉23件、大阪19件の順。

業種別では「建設」63件、「旅館・ホテル」32件、「機械・金属製造」26件、「アパレル」23件、「広告・イベント」19件の順となっている。