デンソーの子会社デンソーウェーブは11日、クラス世界最小、世界標準に対応した産業用ロボットコントローラ『RC8』を開発したと発表した。

RC8は、ほぼA3用紙サイズの大きさで、容積は同社従来機の約4割と大幅にコンパクトになった。設備の小型化を容易にするほか、ISO安全規格やUL規格など、各種の世界標準の規格にも対応予定。

また、標準ネットワークインターフェース「ORiN」を搭載し、多種多様なFA機器・ソフトとの接続を可能にしている。

新開発のコントローラは、ロボットとセットで2012年5月に発売予定で、年間販売台数は1万台を見込んでいる。