オークネットは11日、店頭販売支援ツール「オートバンクシステム」の『iPad』版をリリースした。

オートバンクシステムは、ショールームでの中古車小売販売だけでなく、店頭での仕入、業販、顧客管理まで一台でサポートできるシステム。

従来は店舗内のインターネットが接続されたパソコンでの利用に限られていたが、iPadでの利用が可能となったことで、訪問先や出張展示会などのイベントでも車両提案や商談を行うことができるようになる。

同社は、9月に買取り査定システム「オークプロタッチ」iPad用版をリリースしており、今回のオートバンクシステムiPad版とあわせて利用することで、中古車の買い取りから中古車販売までがiPad 1台で可能となる。