テュフ・ラインランド・ジャパンは、横浜にある太陽光発電評価センター(SEAC)が、通常3か月以上かかる太陽電池モジュールの規格試験を1.5か月に短縮したと発表した。

SEACは年間100〜150の認証プロジェクトを実施しており、試験設備は常に100%近い稼働率となっており、試験を効率化するため、試験時間の短縮に取り組んできた。

時間短縮のプロジェクトは顧客からの要望に応えたもので、テストモジュール11枚について全124の試験を2011年7月21日に開始し、47日後の9月6日に終了した。時間短縮は、次の試験に移行する際の待機時間を効率的に削減することにより可能となった。同社ではSEACが世界で最も短期間で太陽電池モジュールの規格試験を行う試験所になったとしている。

今回の規格試験は、IEC/EN 61730、IEC/EN 61215に基づいて行われたもので、1000時間(42日)の高温高湿試験、46日間の温度サイクルTC200試験、UV試験、温度サイクルTC50試験、結露凍結試験などの長期連続試験を含む。

同社では今後、顧客の要望に応じて時間短縮した試験サービスを提供する。