F1日本グランプリ終了後の撤収風景

9日開催されたF1日本グランプリは、バトンが優勝、そしてベッテルが2011年のチャンピオンを獲得した。しかし夜になり各チームは、レースの余韻に浸ることなく、次なる開催地へと向かうべく撤収作業を進めていた。

「強いチームは、撤収作業も手早く済ませているのだろうか?」との関心から、各チームの撤収風景をみたところ、必ずしもそうではないといった印象だ。ただ、歴史の長いチームは、梱包ツールに一工夫していてチームの個性を感じられた。

F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景 F1日本グランプリ終了後の撤収風景