本部テント前のアルピーヌA110やA310。《撮影 内田俊一》

44回目を迎える“高雄サンデーミーティング”が9日、“5e Alpine et Gordini”と題し、嵐山・高雄パークウエイ高雄大駐車場を舞台に開催された。主催は高雄サンデーミーティング事務局。

毎年10月の声が聞こえるころになると、アルピーヌやゴルディーニオーナーたちは、お互いに「今年の高雄は行く?」と声を掛け合うミーティング。今年もアルピーヌ『A110』だけで9台、『8ゴルディーニ』は4台、それ以外にアルピーヌ『V6ターボ』やアルピーヌ『A310』など合計30台以上のアルピーヌやゴルディーニモデル、そしてルノースポールが遠くは関東圏からも集まった。トータルで200台規模のミーティングとなった。

参加車の中で非常に珍しいモデルは、60年代に存在したルネ・ボネというフランスのメーカーが作った『ミシル』が来たことであろう。エンジンはルノー『ドーフィン』用の845ccをフロントに搭載、前輪を駆動する。おそらく日本にはこの1台しか存在しないのではなかろうか。

次回の高雄サンデーミーティングは、これまでの第2日曜日から第3日曜日である20日に変更、テーマをロータスとマイクロカーとして嵐山・高雄パークウエイ小倉山展望台駐車場にて開催される予定である。

8と8ゴルディーニ。《撮影 内田俊一》 アルピーヌV6ターボやA610、そしてルノー・スポールスピダー。《撮影 内田俊一》 アルピーヌたちは昼前からツーリングへ。《撮影 内田俊一》 ルネ・ボネ・ジェット(左)とミシル(右)。日本でこの2台が並んだのは初めてかも。《撮影 内田俊一》 オープン2シーターも大集合。《撮影 内田俊一》 フィアット500とオープン2シーター。《撮影 内田俊一》 ランチア037。《撮影 内田俊一》 こんなきれいなマセラティ・ボーラも登場。《撮影 内田俊一》 ポルシェ911と914も仲良く参加。《撮影 内田俊一》 フォード・エコノライン(左)といすゞピアッツァ(右)。《撮影 内田俊一》 44th高雄サンデーミーティング開催《撮影 内田俊一》