J-GP3藤井謙汰(10月9日、全日本ロードレース選手権、岡山)

本田技術研究所取締役常務執行役員でホンダ・レーシング(HRC)の社長も務める鈴木哲夫氏は9日、ツインリンクもてぎで報道陣と懇談し、二輪レースに一段と注力する考えを示した。

鈴木社長は「HRCができた頃のホンダのレースは、世界の主要レースにいっていた。もう一回そういうことをやろうと思っている」と述べた。

その理由として「結局ビジネスのライバルがインドメーカー、中国メーカーになっていく中で、最後はカルチャーの戦いになる。そうするとやっぱり、レースを彼らはやってないから、そのディスアドバンテージを彼らは引きずらざるを得ない。我々はそこにアドバンテージがあるから、それを止めるわけにはいかない」と説明。

さらに「トータルでブランド戦略を考えたときに大事だというのは伊東社長も言っていて、やっぱり二輪が先に行って四輪が後からという歴史があるので、そこは大事だと言っている」とし、ホンダ伊東孝紳社長のゴーサインのもと、レースに投じる資金も増やす考えも明らかにした。

JSB1000秋吉耕佑(10月9日、全日本ロードレース選手権、岡山) JSB1000高橋巧(10月9日、全日本ロードレース選手権、岡山) ST600(10月9日、全日本ロードレース選手権、岡山) J-GP3(10月9日、全日本ロードレース選手権、岡山) ホンダ・レーシング鈴木哲夫社長《撮影 小松哲也》