ホンダ・伊東孝紳社長《撮影 小松哲也》

ホンダの伊東孝紳社長は9日、年内に発売を予定している新型軽自動車から順次、低燃費の新開発エンジンに切り替えていく方針を明らかにした。伊東社長は同日、ツインリンクもてぎで行った報道陣との懇談会で明らかにした。

伊東社長は「もうじき出す軽の新しいエンジンから、うちのエンジンシリーズを順次、切り替える。それこそ『イース』や『デミオ』より後出しじゃんけんだから、ベースの燃費は当然、並み以上に上げる」と強調。

このうち登録車のエンジンに関しては「ひとことで言えば直噴化。ただ、それだけでは突出したものにはならないから、ウチは内燃機関のベースは上げるが、それプラス、今一番得意とする小さなハイブリッド、これをもう2ランク、3ランク性能を上げる。これは我々としてはやっぱり切り札だと思っている」と述べた。

ただハイブリッド車に関しては「日本が中心。アメリカとかヨーロッパは地域地域によって事業性はちょっとまちまち」とし、日米欧でハイブリッド車比率を上げていくとしていた従来の方針を転換する考えも明らかにした。