パトン(F1日本GP)《写真 ピレリ》

快晴の鈴鹿サーキットで9日、F1日本GPが開催され、予選2番手からスタートしたジェンソン・バトン(マクラーレン)が常勝セバスチャン・ベッテル(レッドブル)を破って優勝した。

ポールポジションからスタートしたベッテルが逃げる展開で始まった鈴鹿の54ラップ。スタートでは7位という自己最高グリッドにいた小林可夢偉(ザウバー)がなんと失敗。原因はマシン制御の一部であるアンチストールモードが働いてしまったことだった。

序盤のオーダーは、ベッテル、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、バトンの順。1回目のピットストップで波乱は無かったが、2回目のピットストップでバトンがベッテルを逆転! その後にセーフティーカーが導入されたが、バトンは快調にペースを守った。

中盤になると、ベッテルはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)にも抜かれてしまう。この時点のオーダーは、バトン、アロンソ、ベッテル。しかし、タイヤに厳しい鈴鹿サーキットだけに、タイヤマネージメントの差がラップタイムに出て終盤戦は一気に大混戦の様相を呈した。フィニッシュの瞬間は、バトン、アロンソ、ベッテルという順位こそ同じだったものの、1秒以内に3者が迫るような接戦となった。

この鈴鹿で1ポイントを取れば2年連続チャンピオンになれるベッテルは、3位に入って表彰台で喜びを爆発。史上最年少の2年連続チャンピオンとなった。ちなみに可夢偉は13位フィニッシュと不完全燃焼となってしまった。

以下、第15戦日本GPでポイントを獲得したトップ10。1位:バトン、2位:アロンソ、3位:ベッテル、4位:マーク・ウェーバー(レッドブル)、5位:ハミルトン、6位:ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、7位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)、8位:セルジオ・ペレス(ザウバー)、9位:ビタリー・ペトロフ(ルノー)、10位:ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)

ベッテル(F1日本GP) ベッテル(F1日本GP) ベッテル(F1日本GP) アロンソ(F1日本GP) F1日本GP《写真 ピレリ》