F1日本GP

9日、三重県鈴鹿サーキットで開催された??F1日本GP決勝(53周、307.471 km)は、マクラーレンのジェンソン・バトンが優勝。7番手からスタートした小林可夢偉は13位でレースを終えている。

優勝のバトンに続き、フェラーリのフェルナンド・アロンソが2位、3位がレッドブルのセバスチャン・ベッテルだった。これにより、ベッテルが2011年のF1ワールドチャンピオンを獲得。2010年の史上最年少でのチャンピオン獲得に続き、2年連続。

リザルト?
1:バトン(マクラーレン)?
?2:アロンソ(フェラーリ)
3:ベッテル(レッドブル)
?13:小林可夢偉(ザウバー)?

ドライバーズ・ランキング
?1:ベッテル(レッドブル) 324
?2:バトン(マクラーレン) 210
?3:アロンソ(フェラーリ) 202
?12:小林可夢偉(ザウバー) 27

??コンストラクターズ・ランキング
?1:レッドブル 518
?2:マクラーレン 388?
3:フェラーリ 292

ベッテル(F1日本GP) 小林可夢偉選手が、福島の少女合唱団「MJCアンサンブル」を招待、決勝前に国歌斉唱を行った。