F1日本GPスタート

9日、F1日本GP(鈴鹿サーキット)で、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが2011年のF1ワールドチャンピオンを獲得した。2010年の史上最年少でのチャンピオン獲得に続き、2年連続。

日本GP?決勝レースの結果は、優勝がジェンソン・バトン(マクラーレン)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が2位、3位がベッテルだった。ベッテルは、同グランプリで1ポイントでも獲得すれば年間王者になる状況だった。

ベッテル(レッドブル、F1日本GP 予選) セバスチャン・ベッテルが2年連続でF1ワールドチャンピオンを獲得