2002年に発表されたエンツォ フェラーリ

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリのフラッグシップモデルとして、現在開発中の『エンツォ』後継車。その中身が見えてきた。

これは5日、米国の自動車メディア、『INSIDE LINE』が伝えたもの。同メディアの取材に応じたフェラーリのアメデオ・フェリーサCEOは、エンツォ後継車について、「V型12気筒エンジンをカーボンコンポジット構造ボディのミッドシップに載せる。ハイブリッド仕様も計画している」と話したという。

同CEOはすでに、「環境性能面で厳しい立場にあるV12エンジンが生き残るカギは、ハイブリッドしかない」と明言。フェラーリの市販ハイブリッドは、F1マシンのKERS(キネティック・エナジー・リカバリー・システム)を応用したものになると見られる。

このエンツォ後継車、早ければ2012年にも姿を現す見込みだ。

エンツォ後継車のV12ハイブリッド搭載計画を伝える米『INSIDE LINE』