予選トップ3。向かって左からハミルトン(3番手)、ベッテル(ポール)、バトン(2番手)

F1日本GPの予選が8日、鈴鹿サーキットで行なわれ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジョンを獲得した。

2番手はジェンソン・バトン(マクラーレン)。ベッテルが1ポイントでも獲得すれば年間王者が決定するのに対し、ランキング2位のバトンは、ベッテルが無得点で同時に自身が優勝するしかない。3番手スタートはバトンのチームメイトであるルイス・ハミルトン。

小林可夢偉(ザウバー)は10番手タイムを記録したものの、小林自身を含む4名が予選第3セッションで計時できなかったため順位に変動があり、7番手スタートになる見込み。

ベッテル(レッドブル、F1日本GP予選) 小林可夢偉(ザウバー、F1日本GP予選) 小林可夢偉応援席(F1日本GP予選) レッドブルファン(F1日本GP予選)