古野電気は、2012年2月通期の業績見通しの修正を発表した。

売上高は前回予想よりも5億円増の765億円に上方修正した。医療用機器の売上げが想定以上となる見通し。

収益では、舶用事業の生産性が想定していたよりも向上しているものの、急激な円高進行による為替差損の影響で、下方修正した。営業利益は12億円を予想していたが10億円にとどまる見通し。

経常利益も前回予想よりも3億円マイナスの10億円となる見通し。

最終利益は2億7000万円を予想していたが4億5000万円に上方修正した。