ワイディーエス、ホイールチェアビークルS-01(福祉機器展11)《撮影 山田清志》

コンセプトカーなどをつくっているワイディーエス(本社・神奈川県座間市)は、「国際福祉機器展2011」に車いすに乗ったままバイクを運転できる『ホイールチェアビークル(WCV)S-01』を出展した。

「昨年も出展しましたが、今回のものはそれよりも格段に進化しています。特に安全面を強化し、車いすを固定する器具や転倒を防止するための部品を取り付け、安心して走れるようにしました」と同社関係者は説明する。

全長1860mm、全幅1095mm、全高980mm、重量78.5kg(1セットバッテリー搭載)。バッテリーはリン酸鉄リチウムイオンで、充電時間は家庭用電源で約6時間。航続は30km/hの定地走行で約25km。7度の斜度まで登ることができ、バックも可能だそうだ。

価格は63万5250円(バッテリー1セット)、69万8250円(バッテリー2セット)となっている。最近発売したばかりだが、同社関係者は来場者の反応を見て、手応えを感じている様子だった。

ワイディーエス、ホイールチェアビークルS-01(福祉機器展11)《撮影 山田清志》 ワイディーエス、ホイールチェアビークルS-01(福祉機器展11)《撮影 山田清志》 ワイディーエス、ホイールチェアビークルS-01(福祉機器展11)《撮影 山田清志》 ワイディーエス、ホイールチェアビークルS-01(福祉機器展11)《撮影 山田清志》