ヒュンダイ・ベロスター

北米カーオブザイヤー主催団体は4日、「2012北米カーオブザイヤー」のノミネート17台のリストを発表した。トヨタとヒュンダイから、最多となる3台ずつがノミネートされている。

北米カーオブザイヤーは今年で19回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、または年内に発売予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。

2012北米カーオブザイヤーのノミネート17台は、以下の通り。

●アウディA6
●アウディA7スポーツバック
●ビュイック・ベラーノ
●シボレー・ソニック
●クライスラー300(日本名:300C)
●フィアット500
●フォード・フォーカス
●ヒュンダイ・アクセント
●ヒュンダイ・エラントラ
●ヒュンダイ・ベロスター
●キア・リオ
●サイオンiQ(日本名:トヨタiQ)
●スバル・インプレッサ
●トヨタ・カムリ
●トヨタ・プリウスv(日本名:プリウスα)
●フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
●フォルクスワーゲン・パサート

17台のノミネートの中で、最も多い3台ずつのリストアップとなったのが、トヨタとヒュンダイ。地元米国ビッグ3でも、GMが2台、フォードモーターとクライスラーグループが各1台ずつなので、いかにこの2社が突出しているか分かる。

トヨタからは、『iQ』、『カムリ』、『プリウスv』(日本名:『プリウスα』)がノミネート。順番に、超コンパクトカー、米国ベストセラーセダン、ハイブリッドワゴンという布陣だ。

一方、ヒュンダイからは、『アクセント』、『エラントラ』、『ヴェロスター』がノミネート。順番に、入門コンパクト、主力小型セダン、スポーツクーペという顔ぶれである。

また、トヨタ以外の日本メーカーからノミネートされたのは、スバルの『インプレッサ』だけ。日産やホンダ、マツダは今回、ノミネートされていない。

2012北米カーオブザイヤーは、2012年1月に開幕するデトロイトモーターショー12で決定。前回はGMのエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EV、シボレー『ボルト』がイヤーカーに輝いている。

ヒュンダイ・アクセント ヒュンダイ・エラントラ サイオンiQ(日本名:トヨタiQ) トヨタ・カムリ トヨタ・プリウスv(日本名:プリウスα)