スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》

5日に開幕した国際福祉機器展で、スバルはスポーツセダン『インプレッサ WRX STI A-Line』をベースとした福祉車両を展示。両足を使わずに運転できる「運転補助装置」を装着、誰でも簡単にスポーツ走行を楽しめる仕様とした。

運転補助装置はフジオート社が開発したもので、ディーラーオプションとして装着できる。ステアリング左に取り付けられたレバーで、アクセルとブレーキ操作が可能となり、インプレッサ WRX STI A-Lineの高い走行性能を両足が不自由な人でも簡単な操作で楽しむことができる。

操作は、飛行機の操縦桿のように、手前に倒すとアクセル、奥に押し込むとブレーキがかかるというシンプルな仕組み。また、レバーにはウインカースイッチ(黒いレバー)と、パドルシフトのアップダウンを操作するスイッチ(右側の赤いスイッチ)も取付けられており、ステアリング操作以外はほぼ全て左手だけで操作が可能だ。さらにブレーキロックボタン(白いボタン)も採用し、上り坂などでの停車中にこのボタンを押すことで、ブレーキを保持することもできる。

またステアリングには取手が取付けられ、片手で楽に操作することもできる。

運転補助装置は、取付工賃込みで20万5000円。これに車両本体の価格が加えられる。補助装置を取付けることで福祉車両扱いとなるため、他の福祉車両と同様に消費税は非課税となるほか、自治体によっては、減免税の措置を受けることが可能だ。展示車の仕様の場合、車両本体が388万5000円、プラス補助装置が20万5000円なので、非課税分のみで約20万円が免税となる。

スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 ステアリングに取付けられた取手《撮影 宮崎壮人》 アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、ウインカーなどを操作できるレバー《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 赤いスイッチがパドルシフトの役割を果たす《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ WRX STI A-Line 運転補助装置装着車《撮影 宮崎壮人》