ZMP RoboCar MEV

ゼットエムピーは、次世代モビリティ・EV開発用プラットフォーム『RoboCar MEV』を企業や研究機関向けにレンタルを開始すると発表した。

レンタル料金は、Type A(ドライブ制御、高精度車速センサ、回生ブレーキによる減速コントロール)が2週間72万円(税別)。Type B(Type Aに加え、ステア制御)が2週間122万円(税別)で、10月5日から注文を受け付ける。

同社は、次世代自動車研究用プラットフォームのRoboCarシリーズを展開している。実車の10分の1サイズの『RoboCar1/10』や、1人乗りロボットEV『RoboCar MEV』まで販売してきた。

RoboCar MEVは車載LAN規格であるCAN(コントロール・エリア・ネットワーク)プロトコルを開示したオープンプラットフォームで、自動車・同部品メーカー、大学、研究機関が自由に自社製品、技術を評価できるのが特長。

大手企業や研究機関から手軽に使ってみたいとの声があるため、レンタルで提供することにした。

RoboCar MEVは10月12日-14日にパシフィコ横浜で開催される「電気自動車開発技術展2011」に出展する。