ランボルギーニがかつてラインナップしていたLM(1986〜92年)

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。同社が計画している『ガヤルド』、『アヴェンタドール』に続く第3のモデルレンジは、SUVが有力との情報をキャッチした。

これはオーストラリアの自動車メディア、『Drive』が報じたもの。同メディアとのインタビューに応じたランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「第3のモデルレンジはSUVになるだろう」と話したという。

ランボルギーニの新型車については、SUVよりも4ドアスポーツのほうが有力視されていた。これは、同社が2008年秋のパリモーターショーに出品したコンセプトカー、『エストーケ』の市販版の位置づけだった。

ところが、ここにきて方針を転換。ヴィンケルマン社長兼CEOは、「中国やインドなどの新興国を含む世界中の顧客のニーズを調査した結果、SUVのニーズが高いことが判明した」と語ったとのことだ。

ランボルギーニは、第3のモデルレンジに関する決断を年内に下す見込み。V10またはV12エンジンを載せたスーパーSUVとなる可能性が高い。

ランボルギーニがかつてラインナップしていたLM(1986〜92年) ランボルギーニのSUV開発計画を伝えた豪『Drive』