三菱重工業の立体駐車場子会社三菱重工パーキングは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)を充電できる地下式立体駐車場『プラグ・イン・プレストパーク』を連続で受注したと発表した。

今回受注したのはともに23台分の充電機能を持つ平面往復式立体駐車場で、ビルの地下空間を活用する同タイプの立体駐車場。EVやPHVの充電機能を持つ装置の受注は日本で初めて。加えて、立体駐車場1基で23台分の充電機能を持つのも国内で最大規模となる。

今回受注したプラグ・イン・プレストパークは、ビルの地下空間に効率的に自動車を自動搬送・格納する平面往復式立体駐車場「プレストパーク」の改良版。受注した2件合わせた駐車台数は241台で、このうち、充電専用のコンセントが設置された23台分の駐車パレットをそれぞれが保有し、駐車中のEVやPHVの充電需要に対応する。

2件とも名古屋市内に建設中のビルの主要設備として納入する。初号機は、関電不動産が建設中のテナントビルである東海関電ビル向けで2012年1月に竣工する予定。建設工事を請負っている西松建設から受注した。

2号機は、東京海上日動火災保険が建設中の名古屋東京海上日動ビル向けで。2013年6月に竣工する予定。東京海上日動火災保険から受注した。

環境対応車であるEVやPHVの本格普及には、保管庫である駐車場の充電インフラ整備が不可欠。三菱重工パーキングは今後、都市インフラ設備メーカーとして立体駐車場事業を通じて社会の要請に応えながら、環境保全と地球温暖化防止に貢献していく。