トヨタ カムリ北米仕様

トヨタ自動車は新型『カムリ』の米国生産車両の北米現地調達率(全モデル平均)を、立ち上げ時の約90%から最終的には92%に引き上げる方針だ。現地調達を極力引き上げることで、製造原価への円高の影響を抑制する。

北米向けの新型カムリは、円高対策として全量を米国工場(一部富士重工の米工場に委託)で生産することとし、現調率も当初から高いレベルを実現した。

開発責任者である製品企画本部の岡根幸弘チーフエンジニアは「ハイブリッド車のユニットや一部車種向けの自動変速機以外は、ほとんど現地調達に切り替えていく」方針を示した。

カムリはここ10年ほど、米国市場の全車種中でベストセラーを続けてきたが、今年は東日本大震災の影響で生産に支障を来たし、厳しい展開を強いられている。新モデルは米国で初年度36万台の販売を計画している。現地生産は「仕入先さんの多大な協力もあって計画通り進んでいる」(岡根氏)という。

岡根幸宏チーフエンジニア