ハローキティ仕様の三菱 i-MiEV。現在のところ市販の予定はない。資料画像《撮影 宮崎壮人》

三菱自動車工業の益子修社長は4日、CEATEC JAPANのイベントの一環として幕張メッセで日産自動車の志賀俊之COOと電気自動車(EV)をテーマに対談した。

このなかで益子社長は、EVは「単なる移動手段にとどまらず、今後は社会的にも大きな使命を担っていく」と語った。EVの使命として化石燃料から代替エネルギーへの転換に伴うモビリティの受け皿としての役割や非常時の電力供給源などを指摘した。

また、高齢化が進む日本では「従来のような大きなクルマではなく、小さく短距離移動に使うクルマとしてEVが適合できる」との見方も示した。

益子社長は同社EV89台が東日本大震災の被災地で活用されていることなどもあって「2年前に『i-MiEV』を発売した時よりも、はるかに大きな使命を担っていくのだなと実感できるようになった」と強調した。

ハローキティ仕様の三菱 i-MiEV資料画像《撮影 宮崎壮人》 ハローキティ仕様の三菱 i-MiEV資料画像《撮影 宮崎壮人》 京都嵐山付近を走るクロネコヤマト(三菱ミニキャブMiEV)《撮影 杉山淳一》 京都嵐山付近を走る三菱ミニキャブMiEV《撮影 杉山淳一》 京都嵐山付近を走る三菱ミニキャブMiEV《撮影 杉山淳一》