トヨタ・ヴィッツ

全体相場は3日続落。ギリシャが財政赤字削減を達成できない旨発表したことから、前日の欧米市場が急落。ユーロ安の進行も売りを誘い、輸出関連株を中心に全面安の展開となった。

引けにかけて買い戻しは入ったが、平均株価は前日比89円36銭安の8456円12銭。9月26日以来の8500円割れ水準で引けた。

ユーロが10年ぶりの安値となる1ユーロ=100円台に軟化したことが嫌気され、自動車株は軒並み安。

トヨタ自動車が67円安の2568円と年初来安値を更新。9月の米新車販売台数が前年同月比17.5%減と苦戦したことが嫌気された。ホンダも63円安の2202円と年初来安値を更新し、日産自動車が7円安の679円と続落。