米国インディアナ州のIMPCOオートモーティブで生産中のGMのバイフューエル車

GMは3日、米国で2012年秋、CNG(圧縮天然ガス)とガソリンの両燃料で走行できるピックアップトラックを発売すると発表した。

すでにGMは、シボレーブランドのバン、『エクスプレス』とその兄弟車でGMCブランドの『サバナ』に、CNGとガソリンの両燃料で走行できる「バイフューエル」仕様を設定。今回GMは、米国で需要の高いピックアップトラックにも、バイフューエル仕様を拡大展開する。

ピックアップトラックのバイフューエル仕様にも、3年間、走行距離5万8000kmまでの保証を付帯。パワートレインの保証は、10年間、走行16万kmだ。EPA(米国環境保護局)と、CARB(カリフォルニア州大気資源局)の排出ガス基準も満たす。

バイフューエルのピックアップトラックは、2012年秋に米国市場へ投入。生産はエクスプレスとサバナのバイフューエルと同様、米インディアナ州のIMPCOオートモーティブが担当する。GMのブライアン・スモール氏は、「今回の決定は、顧客のニーズに合わせたもの。顧客のビジネスコスト削減を実現する」と述べている。