ブリヂストン・レグノGR-XT

ブリヂストンは、低燃費タイヤ『レグノGR-XT』が日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」を受賞したと発表した。

GR-XTは、様々な路面での音の低減を実現し、静粛性を向上したほか、先進技術である「ナノプロ・テック」により転がり抵抗を大幅に低減しながらウェット性能を確保した低燃費タイヤ。

静粛性と乗り心地を追求した左右非対称パタン・非対称形状やタイヤサイド部に日本古来の模様である「分銅繋ぎ」をタイヤ専用にアレンジし、高級感を演出するデザインとして採用した点が大きな特徴。

今回のグッドデザイン賞受賞は、非対称パタン、非対称形状、タイヤサイド部のデザインなど、トータルデザインの優秀性が評価されたものと考えているとしている。