トヨタ プリウスα《撮影 宮崎壮人》

日本自動車販売協会連合会が発表した9月のブランド別新車登録台数によると、乗用車ブランドではトヨタ、ホンダ、マツダ、スズキ、レクサスが前年を上回った。

部品供給網が正常化し、国内の自動車生産台数も大幅に回復、供給が正常化したブランドは前年を上回った。

トラックブランドはいすゞを除いて前年を上回った。

1位:トヨタ 13万1072台(100.7%)
2位:日産 5万3427台(92.3%)
3位:ホンダ 4万3422台(101.6%)
4位:マツダ 1万7409台(108.4%)
5位:スバル 9074台(87.5%)
6位:スズキ 7369台(135.5%)
7位:三菱 6479台(86.5%)
8位:レクサス 5770台(159.9%)
9位:いすゞ 4583台(86.3%)
10位:日野 4514台(151.5%)
11位:三菱ふそう 3109台(112.7%)
12位:UDトラックス 1024台(163.3%)
13位:ダイハツ 333台(38.9%)

ホンダ フィットシャトル・ハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 マツダ デミオSKYACTIV《撮影 宮崎壮人》